アコムの審査落ちた・・それでも今日お金が必要・・どうすればいい?

フリーランスに対する審査と求められる書類

読了までの目安時間:約 2分

 


フリーランスは、お金を借りる事自体は可能です。

現にカード会社でお金を調達しているフリーランサーの方々も、大勢見られるのです。

 

ただし、もちろん審査は行われる事になります。基本的には収入が安定しているかどうかが、それなりに確認されると考えて良いでしょう。

安定的にクライアントとのお付き合いがあるフリーランサーならば、それなりの確率で借りれる傾向があります。
ところでフリーランサーが借りるとなると、書面は2種類以上は必要になるケースが多いです。

まず確実に必要になるのは、身分証明です。いわゆる保険証や免許証などです。

 

会社勤めをしている時でもその書類は必要になりますが、フリーランスでもそれは変わりません。

 

そして個人事業主となると、税金に関する書類が大きなポイントになります。

少なくとも源泉徴収を行っているクライアントならば、源泉徴収票は発行してくれる筈です。それには年収などが記載されている訳ですから、少なくとも収入状況は確認できるでしょう。

 

また税金に関する手続きを1回でも行っているなら、少なくとも公的機関から書類が発行されている筈です。

税務署から、書類を受け取ったなら、それを金融会社に提出する事になります。それら書面で収入状況などを多角的確認した上で、融資が可能かどうかが判断される事になるのです。

 

もちろん融資が可能なケースもあれば、難しい事もあります。
ただフリーランスでも資金を調達できている事例は、確かにあります。基本的に収入状況がかなり安定していれば、借りる事は可能な事も多いです。

 

お金に関する豆知識   

この記事に関連する記事一覧