アコムの審査落ちた・・それでも今日お金が必要・・どうすればいい?

障害者がお金を借りる方法について

読了までの目安時間:約 2分

 


障害者がお金が必要になったときには、障害を持っていない人に比べるとお金を借りるハードルは高くなってしまいます。

それでも、お金を借りる方法がないわけではありませんから、次の二つの方法を検討してみることです。
一つ目は公的な機関の生活福祉資金貸付制度の利用を優先的に検討しましょう。

公的な貸付制度ですから、金利がとても低く設定されているのがメリットです。連帯保証人を立てることができれば無利子で借りることができますし、連帯保証人がなくても1.5%という低利で借りることができます。

 

ただし、返済することが条件ですから障害年金以外の収入がないと厳しいかもしれません。

生活福祉資金貸付制度以外にも独立行政法人福祉医療機構で障害年金を担保としてお金を借りることができます。

 

障害年金を受給しており、連帯保証人が必要ですが金利はかなり低くなっています。

しかし、返済は障害年金から天引きされるので、普段の障害年金は減額されてしまいます。
もう一つは民間の金融機関からお金を借りることです。

ただし、民間の金融機関からお金を借りるためには成人で安定した収入がないと借りれません。

 

障害年金は金融機関からお金を借りる条件でもある安定した収入に含まれることがありませんから、障害年金以外の収入の手段がなければ民間の金融機関からお金を借りることは難しくなっています。

それに、民間の金融機関からお金を借りるには障害者本人が契約内容を把握する能力がなければなりません。

 

お金に関する豆知識   

この記事に関連する記事一覧