アコムの審査落ちた・・それでも今日お金が必要・・どうすればいい?

日雇いバイトの方がお金を借りるための方法について

読了までの目安時間:約 2分

 


結論から申し上げると、日雇い労働者の方でも一般的な消費者金融からの融資を受けることは可能です。

ただし、できる限り日雇いで働いているということを知られないように申し込む必要があります。
消費者金融が融資を行うか否かを最終的に判断するポイントは、その人物が本当にお金を返済してくれるのか、返済を見込むことができないのかという点に集約されます。

その判断基準として、お金を借りた翌日にすら仕事があるのか分からないという日雇いという立場では、どうしても不利になってしまうのです。

 

日雇いの方が融資の申し込みを行う際には、職業欄には「アルバイト」もしくは「派遣社員」と記載することがおすすめです。

職業の形態としては決して虚偽ではありませんから、それによって何らかの問題が発生することはありません。アルバイトという立場であれば、融資してもらえる確率は一気に上がります。
逆に言えば、日雇いという情報をわざわざ記載しなければならないという義務がありません。

余計なことを書いてしまったが故に融資を受けられなくなってしまうという事態を招くことは避けるべきであり、素直にアルバイトとだけ記載しておけば問題がないわけです。

 

ただし、アルバイトの方に対しては職場への在籍確認が行われる可能性が高いことも確かです。

職場が一定の場所に定まっているのであれば職場の連絡先を、派遣という形で働いているのであれば派遣会社の連絡先を記載するようにしましょう。

 

お金に関する豆知識   

闇金対策の専門家に依頼をしましょう

読了までの目安時間:約 2分

 


闇金業者はそもそも営業していること自体が違法なので、そこから借りたお金は返済しなくても問題ないものです。

しかし、そうとは知らないかたや、知っていても闇金から借金をしているという事実を周囲に知られること、度重なるしつこい督促に恐怖心を覚えて強気の姿勢に出ることができずに法外な金利が付いた額を返済しているというケースが多くなります。

 

金利が高すぎて支払っても支払っても元金が減らない、そんな悪循環に陥って抜け出せなくなるのが闇金の怖いところです。

督促が怖くて家の電話線を引き抜いても仕事を辞めても、個人情報を握られている限りは逃げられません。夜逃げをしても意味がありません。

 

逃げるよりももっと確実な解決方法は、闇金問題に詳しい法律の専門家に頼ることです。

恐怖心を煽られるからと警察に相談するかたも多いのですが、借金問題に関してはなかなか警察が動きづらいのが現状ですので、法律を武器に戦ってくれる弁護士や司法書士を頼ってください。

インターネットで検索をすれば電話やメールで話を聞いてくれるところがたくさんあります。
実際に問題解決のための依頼をすれば、受任した弁護士が債務者に代わって法律的な話し合いを闇金業者と正面から行ってくれるようになり、そもそも違法行為をしている闇金業者の立場は弱くなります。

何よりも弁護士に依頼をすれば、受任通知が債権者に送られて全ての借金の取り立てをストップできるのが大きなメリットです。
もちろん弁護士費用がかかってしまいますが、恐怖しながら闇金業者に返済をし続けることを考えれば安く済みます。

一人で怯えずに、専門家に問題解決を依頼してください。

 

お金に関する豆知識   

フリーランスに対する審査と求められる書類

読了までの目安時間:約 2分

 


フリーランスは、お金を借りる事自体は可能です。

現にカード会社でお金を調達しているフリーランサーの方々も、大勢見られるのです。

 

ただし、もちろん審査は行われる事になります。基本的には収入が安定しているかどうかが、それなりに確認されると考えて良いでしょう。

安定的にクライアントとのお付き合いがあるフリーランサーならば、それなりの確率で借りれる傾向があります。
ところでフリーランサーが借りるとなると、書面は2種類以上は必要になるケースが多いです。

まず確実に必要になるのは、身分証明です。いわゆる保険証や免許証などです。

 

会社勤めをしている時でもその書類は必要になりますが、フリーランスでもそれは変わりません。

 

そして個人事業主となると、税金に関する書類が大きなポイントになります。

少なくとも源泉徴収を行っているクライアントならば、源泉徴収票は発行してくれる筈です。それには年収などが記載されている訳ですから、少なくとも収入状況は確認できるでしょう。

 

また税金に関する手続きを1回でも行っているなら、少なくとも公的機関から書類が発行されている筈です。

税務署から、書類を受け取ったなら、それを金融会社に提出する事になります。それら書面で収入状況などを多角的確認した上で、融資が可能かどうかが判断される事になるのです。

 

もちろん融資が可能なケースもあれば、難しい事もあります。
ただフリーランスでも資金を調達できている事例は、確かにあります。基本的に収入状況がかなり安定していれば、借りる事は可能な事も多いです。

 

お金に関する豆知識   

事前確認さえクリアできれば、誰にもばれずにお金は借りられます

読了までの目安時間:約 2分

 


お金を替えいるとなれば、今は銀行のカードローンもあれば、クレジットカード会社のカードローンもあり、様々なルートが考えられます。

基本的に誰にもばれたくないということが大前提なら、既に契約がある銀行のカードローン、またはクレジットカード会社のカードローンを新規で契約することがベターでしょう。

 

どうしても、事前確認は発生しますがこれはたとえば職場に電話があっても所属確認としての連絡ですから職場でもばれない可能性が高いです。

間違い電話、またはちょっとした加入電話として扱われる程度で終わることもあるからです。

 

しかし、実際に0から口座を作って、査定を行ってという手続きは時間もかかるのでどちらかといえば、既に口座がある金融機関のカードローンを追加で契約することを考えた方がお得ではないかと思います。

 

あとはお金を借りるときも返済するときも提携銀行のATMやその金融機関のATMまたは窓口で簡単に行えますので他人から、または家族からばれることもないといえるでしょう。

 

さらに明細などに関しても神での発行ではなく、インターネットでの発行をお願いしておけば、まずは家族や職場から見えてしまうこともないといえます。

 

あとは気をつかうとしたら、返済をきちんと滞りなく行うことです。何かのタイミングで催促をされるようなことがあっては間違いなくばれてしまいます。

 

お金に関する豆知識   

免許のない方がカードローン組む方法

読了までの目安時間:約 2分

 


免許証を持っていない方がカードローンを利用する際には、健康保険証やパスポートなどで代用することができます。
免許証には顔写真がのっていますし、その他住所なども記載されていますので、カードローンを組む際の身分証明として提出する方が多いですが、免許を持っていない方はパスポートや健康保険証でも大丈夫です。

 

その場合はどちらも有効期限内であるかどうかの確認は忘れないようにしましょう。
パスポートも健康法保険証もない場合は、金融機関にもよりますが、写真付きの住基カードと現在の住所への請求書の書類などがあれば借り入れできることもあります。

 

又、初めて融資を受ける方でしたら、初回の方に限り金利が一定期間無料になるローン会社がありますので、そのような金融機関を選ぶと、返済の時に元本のみで済みますので大変お得です。
金利はローン会社によって異なりますので、なるべく低いところを選ぶのが好ましいですが、初回の方は初回金利無料のところを選べば更にお得です。

 

又、急ぎでお金を借りたい方は、即日融資が受けられるかどうかも重要です。
金融機関によっては即日融資が受けられるところがあります。

 

申し込んでその日に現金を手にすることができますので、人気のサービスです。
又、返済方法も業者によって異なりますので、なるべく自分が返しやすい条件のところで借りるのがおすすめです。

 

コンビニや銀行ATMなどで返済できると、毎月返済の時に便利です。
比較サイトを利用すると、条件の比較が簡単です。

 

お金に関する豆知識   

土日祝日にお金を借りたい!どうする?

読了までの目安時間:約 3分

 


急な出費は土日祝日に必要になったりします。

 

・金曜日の飲み会で盛り上がって、土日に予定が入ったのに手持ちがない!

・子供の習い事で土日の試合や発表会で、どうしても急な出費

・休日の土日に見つけた限定品のバックを今すぐ手に入れたい!

 

理由は人それぞれあるはずです。

そんなときに銀行窓口はしまっているし、残高もない…

 

諦めなければいけないのでしょうか?

 

そんなときには「キャッシング」という手があります。

 

消費者金融は窓口はしまっていますが、土日も無人機は利用できます。

申し込みをするのであれば、Webで365日、24時間受けつけているところが多く、審査をして契約を無人機でするという方法があります。

 

無人機であればカードもその場で発行できて、ATM等から現金を引き出せます。

 

気になるのは「在籍確認」です。

サービス業界であれば、土日でも電話で在籍確認もとれますが、一般企業は土日休みなので、電話確認ができるか不安だと思います。

 

しかしながら、翌営業日の電話確認を約束して、社会保険証や社員証、給料明細を持参すれば相談にのってくれる場合があります。

大手の消費者金融は対応も丁寧で接客態度もとても、よいのでオススメです。

 

しかも!

 

大手の消費者金融は30日の無利息期間のサービスを行っているところが多く、すぐに返済の予定があれば無利息での利用も可能です。

昔のイメージの悪さから心配な方もいるかもしれません。

 

しかし2010年に貸金業の法律は改定されたので、取り立てに対する規定も厳格になり、上限金利も20.0%以下に引き下げられました。

スピーディーに借入をするのであれば大手消費者金融がオススメです。

 

お金に関する豆知識