アコムの審査落ちた・・それでも今日お金が必要・・どうすればいい?

生命保険の解約も資金調達手段の一つ

読了までの目安時間:約 2分

 


業績悪化による人員削減で長年勤めていた会社をクビになり、私は収入の安定しないアルバイトの暮らしをしていました。

 

そんなとき家族が病気になって、検査費や通院費でお金が嵩んで、貯金が底をつくという事態になってしまいました。

 

それでもまだお金が必要で、私は最初消費者金融でお金を借りるしかないと考えました。

でも収入が安定しない状態では、どこの審査も受かることができませんでした。

 

消費者金融なら絶対大丈夫だと考えていたのに、最後の砦だと思ったものでさえ借り入れが行えなかったのです。

 

そんなとき、会社勤めをしていたころにずっと払い続けていた生命保険の存在を思い出しました。

 

結構長い間払い続けていたので、解約すれば少しはまとまった金額が手に入るはずでした。
そこで保険会社の人に相談したのですが、解約しなくても一時的にお金を貸してくれるとのことで、ますます希望の光を見出すことができてきました。

借りたお金を一定期間内に返すことができれば、当初の予定通り保険金を受け取れるのだそうです。

 

ことは一刻の猶予もない状態だったので、私は慌ててその仕組みを生かしてお金を借りました。

入院費にもなるような、頼りになる額のお金でした。

 

早いうちに定職を見つけて、今はいざというときの備えも失わないように頑張っていくつもりです。

 

生命保険がお金を借りる最終手段になるとは思いませんでしたが、若かりしころ真面目に支払っていた自分を褒めてやりたい気持ちで一杯です。

 

アコムの審査に落ちた方へ   

アコムの審査に落ちた原因は総量規制の可能性大

読了までの目安時間:約 2分

 


アコムやプロミスなどの消費者金融業者は借りやすさに定評があります。

そんなアコムで借り入れの申し込みを断られたということは、何かしら信用情報に問題があることは間違いありません。

 

最も可能性が高いのは、総量規制の問題です。

 

賃金業法の改正により、債務者は年収の三分の一以上の融資を受けることができなくなりました。

 

これは他社からの借り入れも合算して判断されるため、複数の業者から融資を受けている方の場合以後の審査が非常に厳しくなる傾向にあるのです。

 

けれども、たとえ総量規制に引っ掛かったからと言って絶対にお金を借りられないわけではありません。

 

総量規制の問題を回避するためには、総量規制の対象外である金融業者からお金を借りればよいのです。

民間の消費者金融業者は総じて総量規制の対象となりますが、貸金業者ではない金融機関の提供しているカードローンは総量規制の対象外であり、他社からの借り入れに関係なく自由に融資を受けられます。

 

中でもお勧めなのが、新生銀行のカードローンです。

 

東証一部にも上場している大手の新生銀行が経営に携わっているため、信頼性抜群。最大融資額は500万円で、条件が合えば即日融資も可能です。

 

何より魅力的なのが、無利息期間が設定されていることです。

借り入れから一定期間内に返済すれば利子を免除してもらえるサービスが付帯しているため、短期間で返済できるアテがある際に非常に重宝します。

 

アコムの審査に落ちた方へ